目次
1育て方
4土作り
5取り組みの説明
しゅるい
学校の芝生
6Q&A集
3ルール
2006年7月の芝生
シバちゃん
シバフくん
デジタル
東京都多摩市立大松台小学校
芝生先生
総合的な学習
を終えた感想
のページへ
2007年3月の芝生
  ペットボトル芝生
この「デジタル芝生博物館」を作るときに、鳥取大学附属小学校の3年生のみなさんに
いろいろとアドバイスしてもらいました。ありがとうございました。
 この芝生博物館は、東京都多摩市立大松台小学校の3年生のみんなが作りました。わたしたち、大松台小学校の3年
生は、総合の勉強で芝生を校庭に育てています。なぜ芝生を育てているのかというと、わたしたちが行った遠足の場所
「昭和記念公園」のように、校庭に芝生があったら、みんなが楽しく遊ぶことができるかな、と考えたからです。そこ
で、みんなで話し合って、芝生を育てることをがんばってきました。校庭に芝生を育てる場所をほって、芝生の種をま
いて育てました。また、ペットボトルにも芝生の種をまいて育てることもしました。芝生を育てるのは大変でしたが、
今では、芝生は、校庭でみんなが楽しく遊べる場所となっています。
 では、なぜこんな「芝生博物館」をわたしたちは作ったのでしょうか。
 それは、わたしたちが、芝生を元気に育てようと思って色々な本を調べたのですが、子どもむけの本があまりないの
で、子どもむけの資料があったらいいなと思って、全国の人に芝生のことを知ってもらうために、この芝生博物館をつ
くりました。
 夏休みが終わり、2学期の始めに、みんなで校庭の芝生の様子を見に行ったとき、あまり元気ではありませんでし
た。そこで、専門家の人に、自分たちの芝生を見に来てもらいました。そうしたら、校庭の土は育てる土に向いていな
い、ということを教えてもらいました。また、わたしたちが育てている芝生は、「西洋芝」で、「寒地型」なので、暑
い夏には元気がないのは当たり前であることも教えてもらいました。そこで、もっと芝生のことにくわしくならないと
芝生を元気にできない、とみんなで考えて、芝生のことを調べることにしました。
 みんなが同じことを調べても意味がないので、4つのグループに分かれました。1つ目は、種類グループ、2つ目は
育て方グループ、3つ目は土グループ、4つ目は遊び方のルールグループです。この4つのグループに分かれてそれぞ
れの目標でがんばって、芝生を育て上げました。「土壌改良(どじょうかいりょう)」と言って、土を作り直すことも
やってみました。校庭の土がとても硬くて大変でしたが、それをやってからは、芝生が元気になってきました。エア
レーションや水あげをしたりしてきれいな芝生の場所がだんだんとできあがりました。新しく「暖地型芝生」を植える
ための土作りには、お家の人にも手伝ってもらいました。全国の芝生を育てている学校の人たちにもいろいろと教えてもら
いました。こういったことを一年間ずっとやってきて、校庭に楽しい「原っぱ」ができたのです。
 こういう感じの内容が、この芝生博物館ではたくさん見られます。とっても面白く、「そうなんだー」と、言うことが内容
としてまとめられているので、ぜひ多くの人に見てもらいたいと思います。
.