7月の
土作り
7月
の芝生
7月種ま
きのあと
9月の
芝生
8月の
 芝生
11月の
芝生
10月の
 芝生
6月
5月
昭和記念公園に、行きました。は
だしになって遊びました。そのとき
に、私たちが「こんな原っぱが学校
にほしいなー。」と、思いました。
運動会で、ハイパーにん者のおどりをす
るために、多摩中央公園で、そくてんの
練習!ここから芝生がはじまった!
どんな説明をすると、み
んなにわかってもらえる
だろうか?こんな事で、
話し合いました。
芝生の説明
自分たちの
取り組みの説明
5月から12月ま
で順番に読んで
ください。
平成18年5月〜12月までの記録
僕たちは、校庭に「原っぱ」を作ることにしました。「原っぱ大作戦」です。
原っぱ大作戦を、成功させるために、最初に考えたこと三年生の全員のや
る気を集めた手紙と、各学級でやる気の言葉を録音したテープ、それらを
持って「説明係」の人たちが校長先生に説明しました。すると、校長先生か
ら、きょかをもらえました。
全校の人に向けて、「原っぱ大作戦」どんな方法で伝えたらいいのか、とい
うことも考えました。そこから、全校朝会と、お昼の放送で、伝えること。そし
てポスターを作り、ろうかにはることにしました。
感想
5月多摩中央公園の、芝生は、気持ちよかったです。このときは、あまり芝生にきょうみを、もっていませんでした。
6月昭和記念公園の、芝生はとってもきれいでした。この時に、芝生にきょうみをもちはじめました。
7月 いよいよ校庭の、一部分をたがやして芝生を植えるためのじゅんびを行いました。先に、芝生のたねをまくための方ほうを調べ
ておき、そこからやく20pは土をほる事がひつようである事がわかり、それを目ひょうにして取り組みました。でも、校庭の土はとても
かたくて、本当にこまりました。                                                             
 校庭をたがやした一週間後に、芝生の種をまきました。これも芝生のたねのまき方を調べそれによってたねにひつようなすなのりょ
うを計算しました。またすなをまぜてからたねまきを行ないました。ここからは、理科で勉強したのをもとに育てる事にしました。    
 おなじころに、ペットボトルをかこうしてペットボトル芝生もみんなで育てる事にしました。これは、夏休みの間に家に持って帰ってお
せわをする事にしました。2学期まで大切に育てるやくそくをしました。                                          
 8月 夏休みは、プールで来た時についでに水をあげました。とっても暑い夏の間に、芝生は、いっしょうけん命 少しずつ育ちま
した。あまりにも暑いので、水をあげるのも時間がかかりとっても大へんでした。  
感想7月「どんな芝生ができるかな〜」とみんなドキドキしていました。全体に種がまけているだろうか?と心配でした。
8月夏休みの間に校庭にある芝生の水あげは一人でやるのは大変だったので友達を3人ぐらいよんで水あげをしました。
夏の間はとても暑くて大変でした。
表紙・目次にもどると
きは、上の絵をおし
てください!!
9月
10月
 2学期になり、学校に、来てみると、芝生は、あまり元気ではありませんでした。一体何がよくなかったのか。いろ
いろな意見を出し合いながらの考えました。そこから、一度芝生の専門家に見てもらうことになりました。恵泉女学園
大学の宮内先生に、来ていただき、芝生を見てもらいました。宮内先生と、いしょにそうさすると、こうていの土があ
まりあってないことが分かりました。また、いろいろなしゅるいが、あることなども教えていただきもっとくわしく調べる
ひつようせいがあること分かってきました。
宮内先生のアドバイスから今自分たちが、何を知っているといいのか、何が分からないといけないのか。ということ
を、全員で多目的ホールに集まり、意見をききあいました。そこから、次の話題が、あらわれました。1しばふの育て
方 2芝生の種類  3土作り 4ルール作り これらにわかれてしらべました。それから、社会科見学では、多摩市
立陸上競技場へ行って、芝生の専門家の伊藤さんにもお話を聞きました。
 多摩市の図書館からかりた本や、インターネットの芝生にかんけいする情報などを、友達と協力しながら、読みました。
けっこう専門的な内容が多くてむずかしくてこまりました。子ども向けのものがありませんでした。でも、大切な芝生のことな
のでがんばりました。わかったことをふせんしに書きまとめました。 
感想
・芝生のことを調べるのは、 大変だったけど芝生をかんせいさせるためにがんばります。・芝生を調べるのも大
変だったけど、楽しかったです。これからも、がんばります。しばふをこれから元気にして全校児童につかってほ
しいです。
11月
4つのグループに分かれて、調べることを始めました。
「土じょうかいりょう」もしました。校庭がやっぱりかたくてこまりま
した。そこに、新しくたねをまきました。
ペットボトルの「しばふ」を校庭に植えました。
発表するためのじゅんびをはじめました。
12月
もっと原っぱを作って広げるために、お家の方に協力してもらおう、と考えま
した。それで、今までの学習の内容の発表を多目的ホールで、見てもらいま
した。
、土じょうかいりょうについて、くわしく発表しました。
四つのグループに分かれて発表しました。
そのグループごとに、調べることがちがい
ました。
その調べることは、
1 土   =どんな土が、芝生にあうのか
2  育て方
3  種類

4 ルール
=どう育てたらみんなが楽しく遊べてきれいな芝生が育つか発表しました。

=芝生にはどんな種類があるかや、それぞれの特ちょうについて発表しました。

=芝生にダメージを与えない使い方を調べて発表しました。
各グループで、声をそろえて言ったり分担をして言ったり分かりやすく工夫しました。
お家の方が芝生のことの発表を聞いてくれてはくしゅをしてくれました。
         うまくいったよ!!
12月の感想
・発表することを作文に書いたりして、大へんだったけ
ど、がんばりました。
・発表の時思うように発表が出来なかったです。でもが
んばってやりました。

11月        感想  
これから、色々なことを調べて芝生の物知り名人になりたいとおもいました。
ペットボトルの芝生をもっと元気に育ててあげればよかったです。
.