芝生を育てる土
作り
表紙・目次にもど
るときは、上の絵
をおしてくださ
い!!

芝生の種のまき方
このページは、芝生を元気に育てる作りについて
説明するページです。 
1.まず最初に土をたがやしてやわらかくします。「スコップ」などで、20p〜30pぐらい掘ってざっ草や小石などをとりのぞきます。ぼく
たちは、20pぐらいまでやわらかくしていて、とてもつかれてしまいました。みなさんがもしほるときにはがんばってください。
2  レーキで土のかたまりをていねいにやさしくならします。
かぶさるようにする。
3  トンボで土の表面を平らにし、あるてい度かためます。
4、たねをまくまえに  レーキであさいみぞをつけます。
土は
すごく大切だ
芝生にとって土は、人間で言うと家みたいな所です。な
ので、土をしっかりとつくっておきましょう。

そこは自分たちの考えどころです。しっかりみんなで考
えておきましょう。
また、どういった土をいれるかもかんがえておくひつようが、あります。
あと、土はたいらにしましょう。
土は、なぜ大切かがこれで分かりましたか。  
恵泉(けいせん)女学園大学の宮内先生
できるだけきんとうにまいて下さい。
5、タネをまく。
いい土、悪い土
で平らにします。板で平らにする時
は板の上で足ぶみします。
に穴を開ける事
に穴を開ける事をエアレーションと
言います。スパイクと言う物で開けま
す。穴は、5p〜10p開けます。穴
を、開けるのは、芝生の根に空気を
送る役割をします。しょうこは多摩市
恵泉(けいせん)女学園大学の先生
に教えてもらったり多摩市立陸上競
技場の人に教えてもらいました   
6,タネをまき終えたら、今度はレーキで直角に土をやわらかくし、自ぜんに土
水はけのよい土
けいせん
いい土とは、砂と、赤玉土と、ふ葉土をまぜた土です。
   土を平らにする事   
土が平らじゃないと肥料をまいた時
に水をやるとへこんでいる所に肥料
が集まってしまうのでローラーや板
で平らにします。
完全に見えなくなるよう土をかぶせます。
7,さらに、ふるいを使って、種が
水はけのよい土とは「砂」です。「砂」は,ふつうの土よりさら
さらなので水はけがすごくいいです。ねん土しつの強くかた
い土は水はけがよくないので芝生の根に水がいきません
し、芝生の根がいきをすることが出来ません。と、恵泉女学
園大学の宮内先生が教えてくれました。宮内先生は、「学
校の芝はまだ子どもです。芝かりなど色々なお手入れも、
来年の夏からです。」と言っていました。
芝生の土がかわいたら、水をたっぷりあげて、夏の間は、朝
か夕方にします。
 
土のにおいをかいでみよう。
8,水を全体にたっぷりまきます。芝の根はちょっとしたかわきにも弱いので、土の表面だけぬれているてい度の水やりを
芝生の土
ての
 ヘドロのにおい・・・根が息をできません。土は、何
色をしているかな。はい色、青色の場合は水分が多
すぎるようです。土をにぎってみよう。きれいなおダ
ンゴ・・・根が息をできません。土をさわってみよう。
さらさら・・・水分やえいよう分が足りません。
くりかえさないで下さい。
つい
発表の写真
10p
.